スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

激写シリーズ第二弾


中国の人から、たまに「すごく高価そうだが本気でいらない貰い物」をいただく。

こないだもらったもの。
吉林省産、高麗人参みたいな人参。
あの、漢方の。

全長20cm弱。
細いところが一本一本ご丁寧に
標本みたいにピンで留めてあります。

これはまだいい。



つづきまして

鹿のペ◯ス
(乾燥。合格証書付き←どんな基準?)

これもどうにかして食べると体にいいらしい。
全長40cm弱なのだが、
どこからどこまでが何なのか、よくわからず。



こういったエキゾチックな物品たちは、
中国の両親へ献上(厄介払い)されることになります。
China | comments(2) | trackbacks(0)

端午節

19日が端午節で祝日だったので
月曜日に老公が休みを取って週末から3泊4日で中国に里帰りしてました。
香港の家からMTR(地下鉄)→フェリー→飛行機→車で7時間かけての帰省。
そんなに遠いところではないのだけれども、至極不便な所ですので。

飛行機の中で見たおもろいおじさん

搭乗するやいなや、窓ガラスやら壁をゴンゴンたたいてチェックしてる。
近くにいた私たちや客室乗務員のお姉さんに
「この機材はなんだ」
とか聞いてるし。

そんなこと、今更聞いてどうすんの?

こういうおじさん、よくいます。


ある日、老公と老公母がIDカードの更新へ出かけた。
公安へ行き、写真を撮る部屋で係の人に写真を撮ってもらう。
まず、老公。 一・・・二・・・三・・・パチリ。
次に老公母。老公母はカメラの前ではモデル立ちと作り笑いを崩さない人間。
気合い入った笑顔です。
一・・・二・・・三・・・パチリ。
と、次の瞬間には係の人に詰め寄り(駆け寄り)ディスプレイで出来映えを確認。
老公母、どうも気に入らない様子。
老公が着ていたピンクの服の方が顔映りが良いと主張。
老公の着ている服を貸せ、と言う。
冗談かと思って見ていると、老公は本当に脱がされたらしく、
老公母は息子の服を着て満足げにまた撮影の席に座っている。
おいおい、そんなに何回も撮っていいのかよ。
その後2、3回撮り直すも、どうも気に入らない。
係の人とあーだこーだ言いながら、何をしているのかと思ってディスプレイを見ると
最初に撮った時に着ていた紺色の服の色を勝手にピンクに変えてみたりしている。
それから、顔色もパッと明るくね。
って、証明写真加工してますけど、彼ら。

そんな老公母の手料理、カエルの炒め物を食べた。
股の付け根から足先まで原型を残し、「Z」こんな感じ。

「ふくらはぎ」
とか考えながら食べるのは、あんまり楽しくなかったです。
China | comments(6) | trackbacks(0)

激写


コアラみたいなカニ


気持ち悪い(食用)

China | comments(4) | trackbacks(0)

新年快楽!身体健康!

チャイナでの旧正月から、つい今し方帰ってきました。
本当は21日に帰って来る予定だったのですが、
急に老公が仕事に駆り出され、たった2泊3日の滞在。
3日って言っても、そのうち2日はほぼ移動のみ。
滞在期間が短くなった事で、私は気が楽だったけど
老公はちょっと不満そうだった。可哀想。
今日お昼に香港に降り立って、その足で仕事へ。
いやー、辛苦了、辛苦了。

今回は結婚してから始めての里帰りだったのですが
もう何回も親戚には会ってるし、今回は特に一瞬しか滞在しないので
私はいつになくリラックスしてました。
いつもは緊張とストレスで常に不機嫌だったけれど。
あと、親戚も私に慣れてきて、私への注目度が低下したもの良い。
妙なプレッシャーを感じなくて済むから。
そんな訳で、この旧正月の帰省は、初めて楽しめた気がします。
心に余裕があったので、みんなのいいところもいろいろ発見。

老公の父方の祖父は警察出身で、今でもMrマオを尊敬している
誇り高き共産党支持者だ。
彼の家はいつ行っても底冷えする寒さで、
そこでご飯をごちそうになると、私は常に食あたりする。
そんな感じで、父方の祖父母には今まであんまりいい印象がなかった。
なんなら、最初はアンチ・ジャパニーズなんじゃないかと警戒していた。

聞くところによると、糖尿病持ちの祖母は修学経験がほとんどなく
あまり字が読めない。
その祖母の為に、祖父は医学に関する書を読みあさり
一日にご飯はどれだけで、これをあれだけ食べて、と
食事について研究し、健康管理してあげてるらしい。
しかし記憶力が自慢だったその祖父も、最近は前ほど物が覚えられなくなったらしい。
彼らをよく見てみると、二人ともおしゃれな帽子をかぶって
手を取り合って歩いている。なかなかスウィートじゃないか。
日本人だろうが、言葉がわからなかろうが、
かわいい孫の嫁(私)をいつも熱烈歓迎してくれて
私の手をぐわしっと握り、一生懸命話しかけて来る。
だんだん、彼らに半ば強制的に勧められる
貧乏臭くお菓子の空き箱に入った何種類もの種子(ナッツ)や果物も愛おしくなってくる。

母方の祖母は、会う度に老いが感じられて
どんどん手足が利かなくなり、表情も乏しくなってしまっているけれど
「もう(私と老公に)子供ができたんか?夢で見たんじゃが。」
と言っていた。
老公が「来年にはね、来年っ。」と言うとにんまりしていた。

私は何回会っても膨大な数の親戚や知人の名前や、顔すら覚えられないけれど
むこうは会う人会う人私の名前を呼んでお年玉をくれる。(えぇ、やっぱりもらっちまいました)
私が「しんにぇんはお(新年好)!」って言うだけで皆さん大ウケ。
「早く赤ちゃんができるといいね」って
産みたくても産めない人や、産みたくない人にはストレスな言葉なんだろうけど
私は、私も私の将来の子供も、こんなに歓迎されてありがたい事だと思いました。

そんな訳で、来年も2、3泊でよろしく。(やっぱり長期は嫌らしい。)
China | comments(0) | trackbacks(0)

感動の再会at中山with新メンバー☆

昨日、タイフーン・シグナル3(台風結構強いですよ注意報)が出るなか、
mahoとサムがどうしても私に会いたいと言うので(え、違うのん?)
行ってきました広東省中山市!
今回は香港からお越しの新メンバー(何の?)のCobuさんと一緒です♪

台風は夕方には行ってしまうと余裕で出かけた私たちですが
中山港行きの船が揺れる揺れる!
やっぱり奴は進路を少し北へ変えてましたぜ、姉さん方!!

昨日の会合の様子は、まずこちらこちらを参照されたし。(二人とも更新早っ!)

はい、ここで要点を説明しまーす。

ハプニング その1:船、予想以上に揺れる(当たり前です、台風来てます。)

船に乗った瞬間から、Cobuさんと「や、やばいね・・・。」
慌てて飲んだ酔い止めの薬もむなしく、「もう中山なんて行かない」と
出発早々弱音を吐きまくる。

ハプニング その2:中国入国審査で止められる

ぬぉぉおおおぉぉぉおおおおおおおお!!
すっごい理不尽!
明らかに観光ビザ延長で出入りしてる香港で止められるならまだしも。
入国審査官、入国審査すんのが仕事なら、英語くらいしゃべれよぉ!
官人が集まって話し合ってて、日本人のくせに姓が中国語なのが問題かと思いきや
彼らが指差してるの、私のサインだし。
姓が変わってから、頭をひねって考えて、いっぱい練習した私のステキなサイン・・・
それを、「読めない」という理由で疑っているではないですか!
アホか!サインは読むもんちゃうっちゅーねん!!
官人たちの中のボスザルみたいのがサインを指差して、「これはなんと読む?」って、
私の名前に決まっとるやろ!しかもどんな読み方でも勝手やろが!
それでも納得せず、「IDを出せ」と言う。
「日本にはIDカードがないので、それ(パスポート)が私のIDです」
って何十回言っても、ダメ。
私のパスポートはあっちこっちへ持っていかれ、
その間私は、悪い事した子みたいに立たされる。えーん。
ボスザルが帰ってきて、「日本のどこ出身だ」と聞くので
「名古屋です。なーごーやぁぁああ!」と言うと、官人一同、「??」
「紙に書け」と言うので、私が漢字で「名古屋」と書くと
ボスザルはまだ「?」なご様子。
でも若い方の人が、「確かにこういう名前の都市、あります」
ってボスザルに言うと、ボスザルは渋々、入国許可のハンコを押してくれた。
存在する都市の名前を言えばいいのかよ。
は〜、やっとだよぉ。と安堵したのも束の間、

「次回はちゃんとIDを持って来い」

と、ボスザルの捨て台詞。
キィィイイイ〜〜〜!! 
「だから日本人にはIDはないって言ってるでしょ。
 パスポートだけじゃ不十分だと言うんですか?」
と、やめときゃいいのに、食い下がる私。
それでも話は通じなさそうなので、通してもらえたし、諦めて
心配して待っているであろうmahoやCobuさんたちの元へ。
そしたら、mahoは私が心配というよりも、Cobuさんの美貌にドキドキしてました。

ハプニング その3:帰りの船、全てキャンセルされる

mahoカップルやCobuさんと、ノンストップ☆マシンガントークなひと時を楽しんで
(またサムを「香港へ来い〜」って洗脳してしまったわ〜)
さあ、またあの揺れまくりの船で帰らなきゃねー。もう台風行っちゃったかね?
なんて余裕ぶっこいてたら、なんと香港行きの船、次の日まで全てキャンセル。
がーーん。
幸い、香港直通のバスがあり、サム君たちがバスターミナルまで連れて行ってくれて
無事当日中に帰る事が出来ました。マジありがとぉ!
夜9時過ぎにCobuさんとバイバイしてから
地下鉄の中で

      立ち寝。 zzZZ

みなさん、昨日は本当にお疲れさまでした。
いろいろあって、楽しかったね♪
これに懲りずに、またあそびましょ〜おはな
China | comments(6) | trackbacks(3)

Chinese New Year

(遅ればせながら・・・)

新年快楽!!

日本にいると、全くもって関係のない旧正月。
去年は老公の故郷で迎えたんですが、そのとき街で耳にタコができるほど聞いた
アンディ・ラウ(たぶん)の「ごーんし・ごんしっ・ごんし〜♪」
という歌声が、再び私の頭の中でこだましています。
あと爆竹もすごかったですねぇ。
元旦前夜から、あっちこっちでえれーことになってました。
それだけならまだしも、爆竹の爆発音がするごとに
付近の自動車の盗難防止用の警報がピロリロピロリロ車" 鳴りまくっていたのは
いささか間抜けな感じがしました。

さて、今年のお正月。
老公はちゃんと香港から故郷の湖南省へと戻り、親族・友人と楽しく過ごしていたようですが、
やっぱり今回も熱を出してぶっ倒れて(最近、故郷に帰ると倒れる習性があるんです)
点滴2回+おしり注射をいただいたようです。
疲れが出たんだと思います。
老公は明日香港に帰るのですが、帰ったらすぐ今度は私という厄介者が転がり込んでくるので
彼の過労は癒されることなく、果てしなく続くことが予想されます。
かわいそう・・・。

香港移住まであと一週間を切った私は、
何かと気ぜわしくはありますが、意外に何もせずにヨユーな毎日を送っております。
あと数日、何をして過ごそうかなぁ♪
China | comments(4) | trackbacks(0)

Ctrip

唐突ですが、今思い出したので中国便利情報をひとつ。
(というか、すでにもの凄く有名な話だったらどうしよう・・・。)

中国大陸からのフライトをお探しのみなさん!!

わき目も振らず、こちらのサイトをご利用くださいnext Ctrip

低価格と信頼(ここ重要)を併せ持つ、中国では珍しいエージェントです。
と思ったら、実はアメリカの株式に上場されているそうです。(日本語合ってます?)

素晴らしいのはですね、オンラインで航空券を予約すると
その日のうちに、バイクに乗った青年がブヒヒィ〜ンと指定の場所まで届けてくれるのです。
そしてその青年に直接チケット代を支払うだけ。
まぁ、なんて迅速!

しかしあれですね。
なにせ人民元の最高額紙幣が100元(今は1400円くらい?)なので、
航空券代なんて払おうものなら、紙幣がかなりな分厚さになるわけですよ。
それをバイクに乗ってきた見知らぬ青年と数え上げながら道端で取引しているときなんか
なんだか怪しい雰囲気を醸しています。

それは置いといて。

なかなかいいサービスを提供していると思います、Ctrip。
機会があったら、お試しあれ。

人気blogランキングぽちってね。


China | comments(0) | trackbacks(0)

上海で

私は日本にいても、テレビをあんまり見ないので、芸能ネタにはめっぽう弱いです。
オージオ化粧品のCMに顔のドアップで出てる人は、劇団ひとりだと信じてました。
(劇団ひとりは知ってる。)

さて、只今ワタクシは日本にいるので、アジアネタ切れ注意報発令中です。
なので、今までに撮った写真を小出し作戦に打って出たいと思います。


まずはこないだ上海に行ったときの写真。
そう、かの有名なシャングリラに泊まった上海です!

←こちらは夜の川辺を散歩中に撮った、上海ご自慢のOriental Pearlです。

光ってますねぇ。

初めて上海に行ったとき、えっこらえっこらと(エレベーターだったけど)これに登りましたよ。



そしてこちらは、名づけて
ハーゲンダッツ・オン・ザ・ウォーター。水の上に浮いてるみたいで、いい感じです。
しかしハーゲンダッツは一気に中国進出して、なかなか頑張ってますねぇ。大きい都市ではそこらじゅうで見かけます。むしろハーゲンダッツ多すぎです。


で、こちらは老公のお母さんが、湖南省岳陽市からスーパーのビニール袋いっぱいに持ってきた蓮の実。この状態の蓮の実を初めて与えられ、食べるものかもよくわからず、どうしたもんかと悩む私を尻目に、老公はサクサクむいてポコポコ食してました。さすが!


★こんな感じで、どうでしょう?
人気blogランキングぽちってね。
China | comments(2) | trackbacks(0)

中秋ネタ

いまさらですが、せっかく写真撮ったので…。

mid-autumn02

中秋節に中国南方航空に乗ると、機内食でなんと月餅のサービスがありました♪
通常は右下のよくわからん果実を乾燥したもののみなので、とてもラッキーでした。

mid-autumn03月餅の真ん中には「航空」の文字が。
なんだか妙に感激してしまいました。
味は確か小豆と緑茶味だったような。
おいしかったというより、
うれしかったです(^^)。


ところで、10月6日の老公の友達の結婚式に、老公と私は招待されました。
「6日って、明後日じゃん」と昨日気づいて老公に聞いてみると、
このところ仕事が忙しくてお疲れなので行くのやめたらしいです。
香港から長沙に直行便がないことに気がついた時点で、
かなり行く気が減退していたのですが…。
「行くのやめた」って、一応老公の一番の親友の結婚式なはずなんだけど。。
そんな扱いでええんかい。

人気blogランキング今日もぽちっとありがとう。

China | comments(0) | trackbacks(0)
| 1/1P |

Tomezo@HK

New life in Hong Kong
with Laogong
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
WEATHER
RECOMMEND
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES

BlogPeople
OTHERS